ゆあん鍼灸治療院 オフィシャルブログ

2015年11月28日 土曜日

可哀想?

先日、1型糖尿病の7歳の男児がインスリン投与の中止で死亡してしまうという、事件が起こってしまいました。
7歳の子供が注射を嫌がるのは当たり前で、
それを両親は可哀想だと、子供の希望に沿うようにしたらしいのですが、
とんでもない事です。

鍼治療でも、症状が重たい子供達には大人と同じように鍼を刺します。
もちろん痛みはあり、泣いてしまう子達はいます。
でも、それを可哀想と思うか、信念を持って治療に当たるか。
どちらが、その子の将来の為になるか考えるべきです。

師匠にも、その事を何度も言われました。
「可哀想ではない」と。
不思議なことに、師匠の下に来られる子供達は、
治療では泣いていたのに、終わると笑顔で帰って行くのです。
「さようなら、おじいちゃん」と。

私も子供達の笑顔が見たいです。




投稿者 ゆあん鍼灸治療院

アクセス



〒901-2126
沖縄県浦添市宮城3-4-7
ロアール・トモ1F

TEL.098-917-5510

[受付時間(月火木金土)]
9:00 ~ 12:00 /
13:30 ~ 17:30
[定休日] 水曜・日曜

※祝日も受付けております。
※当院は予約制となっております。お手数ですが、ご来院前にお電話何卒宜しくお願い致します。

お問い合わせ 詳しくはこちら